綾瀬はるかとノ・ミヌの結婚まとめ|SNSで”熱愛匂わせ”するも事務所NG!?

2020年7月に突如発表された綾瀬はるかさんと韓流スターのノ・ミヌさんとの熱愛報道。

事務所はすぐにこの熱愛報道を否定しましたが、ノ・ミヌさんのSNSでの匂わせが発見されるとさらに熱愛疑惑を深めるものになりました。

今回は綾瀬はるかさんとノ・ミヌさんの結婚の可能性があるのか、また国際的な問題に関しても迫っていきます。

まずは熱愛報道の内容から馴れ初めについて見ていきましょう。

綾瀬はるかとノ・ミヌ|熱愛馴れ初めは?

2020年熱愛発覚

2020年週刊誌「女性セブン」が発表した綾瀬はるかさんの熱愛報道はこのようなものでした。

韓流タレントであるノ・ミヌが憧れの思いを明かしたのは綾瀬はるかさんでした。

ノ・ミヌさんの知人は
「綾瀬はるかさんの活躍を知ったノ・ミヌさんからのアプローチで、お互いの共通の知人が会わせるように機会をつくったようです。
ノ・ミヌさんは度々日本でのファンミーティングを行う仕事もしていたため会う機会はあったようですよ。
ノ・ミヌさんは韓国国内で2016年10月からの約2年間兵役に就いていて、2018年7月にやっとその責務を終えました。
そのころから綾瀬はるかさんとの交際を始めていたみたいです。
日本を代表する女優である綾瀬はるかさんに迷惑をかけまいと、交際を表に出さないように”デートは二人きりでは会わない”といった工夫をしていたようです。」
引用:女性セブン

綾瀬はるかさんの突然の熱愛報道に加えお相手は韓流タレントのノ・ミヌさんということもあり、ネット上では軽いパニック状態になりました。

「ついに綾瀬はるかが結婚か…」
「ノ・ミヌ?って人と綾瀬はるかの接点なくね?」

確かに俳優と女優の熱愛と”共演での出会い”は切っても切れない関係ではありますが、綾瀬はるかさんとノ・ミヌさんに共演歴はありません。

「女性セブン」の記事では綾瀬はるかさんに対しノ・ミヌさんが好意を抱きアプローチしたとありますが、日本国内で絶大な人気を誇る女優と韓国人俳優との接点はどこで生まれたのでしょうか。

二人の共通点は日韓での活躍

綾瀬はるかは韓国でも人気に

実は韓国でも知名度がある綾瀬はるかさん。

今回の熱愛報道が発表されてすぐに韓国でも50本以上の記事がその内容を伝えています。

韓国で日本のドラマが放送されることは珍しい事ではないようで、綾瀬はるかさんが2004年に主演を演じたドラマ「世界の中心で、愛を叫ぶ」も韓国で放送されたことがあります。

「世界の中心で、愛を叫ぶ」の原作小説は韓国でもベストセラーになり、日本とは別のタイトル(「波浪注意報」パランチュイボ)で映画化もされています。

そんな人気作の日本版ドラマの主演を務めたことで、韓国にいる日本マニアの間では綾瀬はるかさんの名前が知られるようになりました。

さらに2008年5月公開の綾瀬はるかさんが主演を務めた映画「僕の彼女はサイボーグ」は日本では”彼女シリーズ”としても知られています。

”彼女シリーズ”は大ヒット韓国映画「猟奇的な彼女」、「僕の彼女を紹介します」等でも知られる監督・クァク・ジェヨンさん手掛ける映画で、「僕の彼女はサイボーグ」は監督の日本映画初挑戦の作品です。

この映画の話題は韓国でも広がり2008年10月に開催された「釜山国際映画祭」の上映イベントに出席した綾瀬はるかさん。

この時綾瀬はるかさんが韓国の民族衣装・チマチョゴリ姿で登場したことも大きく注目されました。

2009年4月28日の「僕の彼女はサイボーグ」試写会韓国公開に合わせて綾瀬はるかさんが韓国・ソウルを訪れた際には、空港で韓国人ファンが到着を待ち”お出迎え”をする場面も見られることになります。

根強い人気から綾瀬はるかさんが主演を務める作品は次々に韓国放送が決定。

2012年の綾瀬はるかさん主演ドラマ「ホタルノヒカリ」は韓国でも人気の高いドラマです。

報道ではノ・ミヌさんからのアプローチとありましたが、韓国でもこれだけの活躍を見せている綾瀬はるかさんであれば、以前から認識していて好意を抱いていたということにも納得できます。

ノ・ミヌも日韓で活躍するタレント

綾瀬はるかさんの韓国での活躍と同じようにノ・ミヌさんも韓国と日本で活躍しています。

ノ・ミヌさんは俳優や歌手として活躍する韓国人のタレント。

2004年にロックバンド「The TRAX」(トラックス)のドラムとしてデビューすると、2004年12月15日に「XJAPAN」のYOSHIKIさんがプロデュースした楽曲「Scorpio」(スコーピオ)で日本でもバンドとしてデビューします。

ロックバンドでは「Rose」として活動していたノ・ミヌさんでしたが、2006年にはグループを脱退。

その後はソロアーティストとして活動していました。

2016年には日本のラジオ番組「Radio HITS Radio」に出演し、ノ・ミヌさんが脱退当時の思い語った際には日本のドラマを見る機会があることを明かしています。

「人生で大変大きな選択をするときだった。バンドもやりたかったけど、偶然見たドラマに木村拓哉さんがでていて、そのあと「SMAP×SMAP」も見て、音楽もやってバラエティでも活躍して・・・これが僕のやりたいことなんだって思った。」

その決意通り、韓国ドラマに出演し見事俳優となったノ・ミヌさん。

2015年には、日本でも韓流ファンから人気を集めたドラマ「私の残念な彼氏」で主演を務め注目を集めます。

2016年11月には韓国での兵役を控えながらも日本でソロアーティストとしてメジャーデビューを決定させ、日本で4度のLIVEを開催していることから、アーティストとしても精力的に活動していることが分かりますね。

ファンが語る魅力の一つはノ・ミヌさんは母親が日本で演歌歌手としてデビューしていることもあって、日本語がとても流暢という点。
自身のLIVEでもその流暢な日本語でジョーク交じりにMCをこなします。

知名度の差はあれどお互いに日韓で活躍するタレントということや、ノ・ミヌさんが日本のドラマをよく見ていることから、何かしらの接点が生まれてもおかしくないことがわかりますね。

熱愛報道を事務所は否定も・・・

この熱愛報道が出たわずか2時間後、綾瀬はるかさんの所属事務所は「友人ですが、それ以上の関係はありません。」とコメントを発表し、ノ・ミヌさんの所属事務所では「交際の事実はありません。」と交際を否定するコメントをOSEN (韓国ニュースメディア)に向けて発表しています。

迅速な事務所の対応に対し各メディアも「秒で火消し」などと銘打った記事を掲載しました。

「女性セブン」の報道ではデート場面を捉えた写真があるわけでもなく、事務所も交際を否定している点から信憑性が低いようにも思えますが、情報をリークしたのはノ・ミヌさんの知人である点やノ・ミヌさんの実の母親にも直接取材している点は気になってくるポイントです。

「女性セブン」には、ノ・ミヌさんの母親に直接取材した際のコメントも記されています。

「私生活については私の口から話すべきではないので」
引用:女性セブン

特筆すべき点はこの母親こそ、ノ・ミヌさんが所属している事務所の社長であるという事実です。

直接取材を受けた際には明言を控えていたにも関わらず、その後ノ・ミヌさん事務所がメディアに発表したコメントでは”交際否定”という立場をとっています。

これは世間に綾瀬はるかさんとノ・ミヌさんの熱愛報道が出た時には、事前に双方の事務所間で”すり合わせ”が行われていたという見方もできるのではないでしょうか。

ちなみに韓国で熱愛スキャンダルがでた場合の事務所の対応は、「写真や映像の証拠がない場合」に関してはひとまず事実無根という立場をとるという定石があります。

今回の対応もそれに当てはまりますね。

綾瀬はるかとノ・ミヌの結婚|SNSで熱愛匂わせしていた!

週刊誌の情報では2人で会う際には慎重な計画を立てていたというノ・ミヌさんと綾瀬はるかさん。

しかしノ・ミヌさんが2019年と2020年にInstagramに投稿した動画にファンから「匂わせだ!」との声が相次いでいます。

ノ・ミヌさんが2019年と2020年に2年続けて投稿した動画は中島みゆきさんのヒット曲「糸」をピアノで弾いたものです。

ただ投稿された動画のようにも思えるのですが、投稿された日付が2年連続で3月24日と綾瀬はるかさんの誕生日。

そうなってくると「糸」という曲を選んだことにも意味があるように思えてきます。

「糸」は1992年に発表された曲ですが、中島みゆきさんが知人の結婚を祝って作った曲ということから、結婚式の定番曲としても知られています。

2年連続で投稿したことも、週刊誌が報じた綾瀬はるかさんとノ・ミヌさんの交際期間とぴったり合わさります。

これは”匂わせ”と取られても仕方がありません。

綾瀬はるかとノ・ミヌの結婚の可能性について

双方の事務所では否定されたお二人の熱愛報道でしたが、綾瀬はるかさんとノ・ミヌさんの結婚願望についてみていくと結婚の可能性は十分にあり得るのかもしれません。

綾瀬はるかの結婚願望

綾瀬はるかさんは2014年10月20日放送のバラエティ番組「しゃべくり007×人生が変わる1分間の深イイ話 合体SP 」にて、結婚願望や理想の結婚相手について語っています。

「27~28歳の時の方が結婚願望が強かった」(当時29歳)
「今は段々”別に(結婚しなくても)いっか”と思えてきた」

テレビ番組で結婚願望が無くなったと話している綾瀬はるかさん。
しかし4年後の2017年10月、週刊誌「女性PRIME」の取材を受けた際にはこんな発言を残しています。

「ママ友の付き合いとか、子育ての大変さを聞くと、実際の結婚はもうちょっと私自身が成長してからかな。」
「結婚はしてみたいと思っています。」
引用:女性PRIME

と再び芽生え始めた結婚願望を語った綾瀬はるかさん。


さらに理想の結婚については週刊誌「女性自身」にて、

「私、専業主婦手でも働く妻でも”のんびり”がいいんです。家でストレスを感じるようなら嫌だし。家庭を第一に考えてお仕事をセーブするといったことも考えるかもしれない。」
「理想の結婚は、明るい旦那さまとの明るい家庭。仕事にも理解があって、私が忙しい時には自分から掃除をしたり、お料理を作ってくれるような”お母さん”みたいな人が良いです。」
引用:女性自身

と答えていました。

ノ・ミヌさんは母子家庭で育ち、8歳の頃に弟が誕生するなどして家事をせざるを得ない状況にあったため、もしかしたら綾瀬はるかさんの理想の”お母さん”みたいな旦那さんになれるのかもしれません。

ノ・ミヌの結婚願望

一方、お相手のノ・ミヌさんは2016年11月に週刊誌「女性自身」の取材で結婚願望について話しています。

「結婚は人と人の関わりであって、相手の何十年もの人生と、僕の(これまでの)30年の人生がまじりあうということと考えると、すごく慎重になって恋愛するのが難しくなりました。」
引用:女性自身

また同誌でノ・ミヌさんは理想の女性像についても明かしています。

「理想の女性を一言で表すなら”子供のような女性”。かわいくて愛嬌たっぷりの人が良い。」
引用:女性自身

綾瀬はるかさんを愛嬌たっぷりの女性と取ることもできますが、果たして。

綾瀬はるかとノ・ミヌの結婚には国境の壁がある!?

実際に綾瀬はるかさんとノ・ミヌさんが結婚するとなった場合、やはり”国際結婚”という点が最大の障害になってきそうです。

語学面ではノ・ミヌさんの日本語が堪能ということもあり、何も問題ないように思えます。

日本は人種差別が少ない国といった印象を持っている人が少ないようですが、悲しい事に熱愛報道が出たときにはネット上でノ・ミヌさんに対して差別的な発言をする人が多く見られました。

過去にあった芸能人の国際結婚では、韓国人歌手のKさんと結婚した関根麻里さんが同じような被害を受けています。

事務所としても稼ぎ頭の女優に差別的な思想を持つ人達から”悪印象”を持たれるのは避けなければいけません。

ネット上では綾瀬はるかさんの本名の苗字が「蓼丸」である点から、「綾瀬はるかは在日韓国人だった!!」という情報も見られます。

「蓼という文字が韓国語に見えるから」という理由でそういった噂になったようです。

ちなみに「蓼丸」は”たでまる”と読み、広島で見られる珍しい苗字であることから、綾瀬はるかさんは日本人であることがわかります。

そもそも綾瀬はるかさんが在日韓国人だったところでなんの問題もないのですが、そういった根も葉もない噂でさえ差別的な思想の標的にされてしまうのが現状。

そういった一部の意見を除外して考えても、やはり国境の壁は厚いようです。

綾瀬はるかさんとノ・ミヌさんの熱愛報道を報じた週刊誌「女性セブン」の記事には、ノ・ミヌさんの知人によるインタビューで国際結婚について触れられています。

「韓国では儒教の影響もあり、家庭内では男性の地位が上という認識があります。しかし芸能界では綾瀬はるかさんの方が知名度も収入も圧倒的に上。この格差がふたりの生活に障害をもたらすのではないかと周囲では結婚に対して大反対しています。」
引用:女性セブン

宗教的な問題がまとわりついてくると結婚は難しくなっていくかもしれません。

しかし良否は別としてこんな情報もあります。

ノ・ミヌは日本で活動していく?

ノ・ミヌさんはアーティストとしてデビューしたときに所属していた大手芸能事務所「SMエンターテインメント」と契約を解除し、実の母親が代表を務める芸能事務所「MJ Dreamsys 」に入りました。

契約解除の理由は「事務所がアーティストと奴隷的契約を無理やり押し付けてきた」というもので、裁判も起こして争うまでの問題に発展した過去があります。

日本でものんさんと事務所の問題や、「SMAP」や赤西仁さんとジャニーズ事務所との問題が思い浮かぶような事件です。

裁判の結果は2015年にノ・ミヌさん側が敗訴となり、韓国では訴訟問題を起こしたイメージがついて印象があまり良くないものになってしまいました。

「女性セブン」が取材した韓国に精通するジャーナリストの話では、

「ノ・ミヌさんは楽器はなんでもできて、歌もうまい。演技力もある上に身長がたかくルックスもいい。才能はすごくあるのに国内では”第一線で活躍できないタレント”となっているのが現状です。」
引用:女性セブン

といった見解が示されています。

ノ・ミヌさんは今回の熱愛報道で日本での知名度を大きく上げています。

実際に報道で知ってすぐファンになったという人もいるくらい魅力あふれるノ・ミヌさん。

韓流スターが日本での活動を途切れされる原因になる韓国での兵役も既に終えているため、今後の活動の準備は万全ともいえます。

これからの芸能活動を日本で行うようになれば、綾瀬はるかさんとの国際結婚の障害も払拭することができるかもしれませんね。

綾瀬はるかとノ・ミヌの結婚は事務所NG!?

綾瀬はるかさんが所属する事務所「ホリプロ」は芸能界でも”超大手老舗”と呼ばれる芸能事務所です。

年に一度行われる「ホリプロスカウトキャラバン」は女性芸能人の登竜門とも言われ、今回熱愛報道のあった綾瀬はるかさんも2000年に行われた「第25回ホリプロスカウトキャラバン審査員特別賞」を受賞したことで芸能界デビューを果たしました。

そんな「ホリプロ」は2020年頃からある問題を抱えています。

2019年に「株式会社CMサイト」がインターネットリサーチを行い3月7日に発表された「2019年版!好きな30代女優ランキング 」では、ベスト5に綾瀬はるかさん、深田恭子さん、石原さとみさんがランクインしました。

5人中3人の入選と「ホリプロ」の強さを見せつける形になりましたが、手放しでは喜べない状況があるとの報道をしたのはニュースサイト「アサジョ」です。

2019年1月には深田恭子さんが不動産社長との交際を報じられて「ホリプロ」は頭を抱えているようです。

なにしろ石原さとみさんは既に「SHOWROOM」のイケメン社長前田祐二さんと交際中、同棲報道まで出ている状況にあります。

好きな女優ランキングでも分かるように「ホリプロ」の看板女優がふたりも熱愛発覚の状態となると、事務所の経営が大きく傾きかねません。

その状況のしわ寄せは綾瀬はるかさんに及ぶようです.

「ホリプロ」では「綾瀬はるかだけはスキャンダルから守らなければ!」と徹底的に男性関係を管理・警戒しているようです。

綾瀬はるかさんまで熱愛が発覚したとなれば、「ホリプロ」の女優陣は総崩れになり、その後のドラマや映画のキャスティングにも悪影響が出てきます。
引用:アサジョ

今回の綾瀬はるかさんの熱愛報道にも細心の注意を払っていたからこそ、今回の”高速火消し”ができたことがよくわかります。

この報道が事実であれば、綾瀬はるかさんとノ・ミヌさんの結婚はかなり難しい状況になってきます。

綾瀬はるかさんは結婚を諦めるしかないのでしょうか。

それとも「ホリプロ」に新しく台頭するタレントが出てきたときが、お二人の結婚のタイミングになるのでしょうか。

まとめ

綾瀬はるかさんとノ・ミヌさんの結婚への道のりは幾多の苦難があり、難しいようですね。

綾瀬はるかさんは共演者から”天然ボケ”を指摘されることもあり、視聴者も同じようなイメージを持っているかもしれません。

実は今回のお相手とさえれるノ・ミヌさんも「ぼーっとしてる」と指摘されることがある”天然”さんと言われています。

将来天然カップル・夫婦として報道されることはあるのでしょうか。

続報に期待したいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です