【2020】ベッキーの現在は幸せママタレント?テレビ復帰は女優として!?

明るいキャラクターで一時期はテレビで見ない日がないほどの人気ぶりを博していた元祖ハーフタレントのベッキーさん。

ある騒動を境にテレビに出ることが無くなってしまったベッキーさんですが、現在はどんな活動をしているのでしょうか。

かつてはタレント以外にも歌手や女優として活動していましたが、最新の情報では女優業に専念するとの噂もあるようです。

ベッキーの現在|今何してる?

ベッキーさんは2019年2月13日、自身のInstagramで元プロ野球選手でプロ野球指導者の片岡治大さんと結婚を発表しています。

その後「日刊スポーツ」の取材によって2019年11月8日にベッキーさんが都内の病院に通う姿が報じられ、妊娠していることが明らかになり、2020年3月16日には第一子を出産したことを報告しています。

タレントや歌手として活動していたベッキーさんですが出産後間もないこともあり、2020年6月現在ではテレビ出演等の目立った活動はしていません。

ベッキーはゲス不倫で芸能界引退寸前に

ベッキーさんと言えば世間的に”ゲス不倫”のイメージが強く残っているのではないでしょうか。

あまりにも騒動が大きかったため引退説まで飛び出ましたが、ベッキーさん本人は芸能活動を続けていきたいと話しています。

ゲス不倫の全容

過去には好感度ナンバーワンタレントとしてバラエティ番組を中心に活躍していたベッキーさん。

”ゲス不倫”が発覚するまではレギュラー出演本数5本の多忙ぶり、ベッキーさんがイメージモデルを務めるCMも多数見られました。

そんなベッキーさんは2016年1月7日発売の「週刊文春」によって、バンドグループ「ゲスの極み乙女。」のヴォーカル・川谷絵音さんとの不倫が明るみに出ます。

元々「ゲスの極み乙女。」のファンだったベッキーさんは、2015年10月に行われた「ゲスの極み乙女。」のLIVEで川谷絵音さんと知り合い、交際に発展しました。

川谷絵音さんは2015年7月には一般人女性と結婚していたのですが、その事実はファンにも明かされていなかったことです。

のちの取材で、2015年の11月にベッキーさんは川谷絵音さんから既婚であるということを知らされたことが分かっています。

しかし、その後もベッキーさんと川谷絵音さんの関係は止まらずに不倫関係となってしまいます。

「週刊文春」では、音楽関係者から情報を得たとして川谷絵音さんのLINE(コミュニケーションアプリ)画面が流出する形でベッキーさんとの不倫関係の裏付けとしています。

10月に自身のLIVEがきっかけでベッキーさんと出会った川谷絵音さん。

出会った当時は妻帯者であることを隠していたが、11月下旬にはその事実を明かしたと言います。

2015年12月24日のクリスマスイブには、川谷絵音さんのLIVE前夜でありながらディズニーシーでデートを楽しんだ二人。ベッキーさんは随分ご機嫌の様子でホテルニューオータニ幕張に2人で泊まる写真をスマホでパシャリ。

川谷絵音さんは一般人女性の奥さんとのプロポーズ記念日であるクリスマスの夜に帰ってきて、離婚を切り出したそうです。

2016年の正月には川谷絵音さんの実家がある長崎に二人で向かい、ベッキーさんは両親への挨拶を済ませた様子が確認されています。

引用:週刊文春

ベッキーさんが川谷絵音さんの本名である川谷健太を愛称で「けんちゃん」と呼んでいることから親密度が伺えますね。

これまでに悪いイメージが付くようなスキャンダルが全くなかったベッキーさんの不倫報道に各メディアは盛り上がりを見せ、大きく取り上げられることになります。

イメージ商売でもあるタレントとしては致命的なこの報道にベッキーさん側では、川谷絵音さんとの不倫を報じる「週刊文春」が発売される前日である2019年1月6日に釈明会見を開きました。

会見では

  • 「週刊文春」の記事にあるように二人で食事に行ったことがある
  • 正月に川谷絵音さんの実家に行ったことも事実
  • 男女の交際はなく、友人関係

といった内容で「週刊文春」の内容を一部認めつつも、不倫関係にあることは否定したベッキーさん。

この会見は記者からの質問を受け付けない形で行われたことから、世間では

「(報道に合った)事実がどうなっているのか、あまりはっきりしていない」
「質問されたらまずいことがあるのか」

また、この騒動が起こったことについての謝罪も、ファンへ向けたものより芸能関係者やスポンサーに向けたものであるように感じる人も多くいたようで、事態の火消しにはつながらない会見になってしまいました。

文春砲第二弾

そこにとどめを刺すかのように2016年1月21日発売の「週刊文春」では、”文春砲第二弾”としてベッキーさんと川谷絵音さんとのLINEのやり取りが掲載されています。

「週刊文春」の報道を受け、1月6日に記者会見を開いたベッキーさん。

そんなベッキーさんが会見前日である1月5日に川谷絵音さんに向けて送ったLINEの内容が明らかになりました。

ベッキー「友達で押し通す予定!笑」
川谷「逆に堂々とできるキッカケになるかも」
ベッキー「私はそう思ってるよ」
川谷「よし!」
ベッキー「そうとしか思えない」
川谷「ありがとう文春!」
ベッキー「オフィシャルになるだけ」
ベッキー「ありがとう文春!」
川谷「感謝しよう」
ベッキー「うん!」
ベッキー「それに不倫じゃありません!」
川谷「うん!」
ベッキー「略奪でもありません!」
川谷「うん!」
ベッキー「センテンス スプリング!」
川谷「長崎手繋ぎデート」
ベッキー「長崎不倫旅行」
ベッキー「天才だね!文春!」
ベッキー「楽しい春と夏になるよ」
川谷「遠恋だと思って過ごす」
ベッキー「えんれん」
引用:週刊文春

ベッキーさんが会見を「友達で押し通す予定!笑」と川谷絵音さんに説明していることから、会見内容は嘘だったということになります。

前回の”文春砲”では明石家さんまさんやお笑いコンビ極楽とんぼ・加藤浩次さんなどの芸能人たちがベッキーさんを擁護するコメントを出していましたが、今回のLINE流出ではそういったコメントも見られなくなりました。

有名人のLINE流出ということで、ネット上では「LINE画面は捏造したものでは?」といった意見も見られましたが、その後ベッキーさん自身の口からLINEの内容が真実であるという発言がありました。

会見ではしおらしい姿で釈明していたにも関わらず、内心ではファンや関係者を嘲笑うように嘘をついていたという事実から、ベッキーさんの好感度は地の底まで落ちてしまいます。

ベッキーさんの不倫相手の川谷絵音さんが所属するバンド「ゲスの極み乙女。」に因んで今回の不倫騒動につけられた名前は”ゲス不倫”。

話題の大きさを表すかのようにこの”ゲス不倫”という言葉は2016年のユーキャン新語・流行語大賞の候補にも選出されています。

タレントの生命線ともいえる好感度を失ってしまったベッキーさん。

騒動の最中に居ながら報道後も音楽活動を(タイアップは減ったものの)続けられた川谷絵音さんとは違い、ベッキーさんの公式サイトからはそれまで契約していた企業のCM10本が全て削除されました。

企業のイメージキャラクターとして世間の人に広く認知されるCMでは、タレントの悪いイメージが企業にまで及ばないようにするために様々な契約を交わします。

ベッキーさんのゲス不倫騒動では全ての企業との契約が打ち切りになり、一部ではその違約金は5億にも上ると言われています。

”干された”というよりは”事態の収束を待つ”形で芸能活動を休止したベッキーさん。

完全復帰の道は険しいようにも思えますが、そんな中一筋の光が差しました。

ベッキーの現在|女優としての復帰を模索中

2016年5月13日に放送された「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」に出演したベッキーさん。

一連の騒動から芸能活動休止していたベッキーさんは、104日ぶりになったテレビ出演で当時の思いを赤裸々に告白しています。

「(川谷絵音さんとの交際に関しては)ブレーキをかければよかったんですけど。友達でいようねって言いながら何度もあってしまいました。気持ちがどんどん大きくなってしまいました。」

「正式に付き合っているという状態は結婚してから、ということになっていました。だから記者会見での発言では半分正しく半分嘘という状態でした。」

2016年6月10日にはベッキーさんがBSスカパー!「FULL CHORUS~音楽は、フルコーラス~」 の出演前に記者を集めて取材に応じています。

会見で報道陣から不倫の事実について問われた際には「事実です。申し訳ない気持ちでいっぱいです。」と目に涙を浮かべながら答える姿も確認されました。

騒動の前はバラエティ番組を中心に活躍していたベッキーさんですが、一部芸能関係者の間では「芸能界に復帰するときには本格派女優になって帰ってくるのでは?」と噂されているようです。

2020年3月19日に「FRIDAY」では、制作会社のプロデューサーにベッキーさんの様子を尋ねた内容を掲載しています。

「ベッキーは2017年に今田耕司さん主演の舞台「三途会~私の人生は罪ですか?~」に出演しています。

その舞台の演出を手掛けていた映像監督で脚本家の鈴木おさむさんに”お客さんは魂を通してベッキーのセリフを聞きたいんだと思うよう”とアドバイスされたといいます。

このアドバイスがベッキーさんのタレントと女優の分岐点になったようで、2020年2月28日に公開された映画「初恋」では恋人を亡くし泣きわめくシーンを取りつかれたように怪演していました。」
引用:FRIDAY

また、別の放送作家の話では

ベッキーは

「演じることによって過去の悲しい事や辛いことが芝居に活かせるようになる。」

「だからこそ嬉しい事悲しい事、失敗などもどんなことも感謝できて、すごく人生に寄り添った仕事だなと思う」

と話していました。
引用:FRIDAY

とベッキーさんの女優としての決意めいたものが垣間見えます。

確かにベッキーさんが経験したことは誰にでもできるものではありません。

これを演技に活かすとなれば怪我の功名ともいえるのかも知れませんね。

2020年2月28日に公開された映画「初恋」では、彼氏を殺され復讐の鬼となる女性の役を怪演したベッキーさん。

撮影では窓を突き破って出てくるスタントアクションもこなし、鬼気迫る演技に「不倫騒動の怨念が相まって現実とリンクしている」との声も。

2020年3月2日に「映画.com」で投稿されたベッキーさんのインタビュー記事では、女優としてのベッキーさんの才能が伺えるようなこんな内容がありました。

「演じた役柄に対して、台本を読んだ時は怒ってるなぁくらいに感じていましたが、現場で(作中の)恋人が死んでいる姿を見たときに自分の身近な人の命が奪われたことを想像して気持ちが爆発しました。」

引用:映画.com

ベッキーさんはインタビュー内で「役に入り込んで自分で感情がコントロールできなくなることもある」とも言っています。

憑依型の女優としての片鱗にベッキーさん本人でも気づいているようですね。

同インタビュー内では、「今もバラエティが大好き」と答えてるベッキーさんですが、世間的には騒動から4年もの歳月が経過しても復帰を望まない声が根強く残っています。

ネット上では復帰に対して批判的な意見も

批判の原因は、騒動前にレギュラーを務めていた番組が休演中という形であるにもかかわらず、女優としての復帰となればタレントとしてのけじめがついていないというものです。

バラエティ番組のレギュラーとしての復帰は正直難しいでしょう。

ベッキーさんが騒動によってテレビ出演が無くなっている間に、番組ではその穴を埋めるべく代役のタレントが起用されています。

初めは代役かもしれませんが、1年、2年、とレギュラーとして出演し続ければお茶の間には完全に浸透していきます。

ベッキーさんが休演中の元レギュラー番組では復帰する枠が用意されていない状況です。

2019年6月18日放送の「踊る!さんま御殿!!」にベッキーさんが出演した際にはかつてのバラエティ女王らしくトークを披露したものの、視聴者からは

「不倫ばばあ二度とテレビでるな」

「まじでうざい。どの話にもしゃしゃり出てくるし。本気で殴りてー!」

「ベッキーうるさいからチャンネル変えた」

と誹謗中傷の嵐。

こうなってしまった原因はベッキーさん本人にあるにしろ、バラエティでも女優でも批判されるのであれば本人がやりたいことをやってしまった方がいいのかもしれません。

ベッキーの現在|プロ野球選手と結婚して幸せをつかんだ?

騒動後には「他人に迷惑をかけない恋愛をしたい」と明かしていたベッキーさんですが、2019年2月13日には片岡治大さんとの結婚を発表しています。

片岡治大さんはプロ野球選手で西武ライオンズや読売ジャイアンツで活躍しました。

2007年から2010年までは4度の盗塁王に輝く俊足が持ち味でしたが、明るい性格から女性人気が高いことでも知られています。

片岡治大さんは過去にアナウンサーの加藤綾子さんや同じくアナウンサーの竹内由恵さんとも交際の噂が立ったことがあります。

それだけ派手な女性遍歴を持つ片岡治大さんと不倫騒動もあったベッキーさんの結婚は交際半年のスピード婚ということもあり、芸能界でも球界内でも”長持ち”しないのではないかと噂されていました。

過去にレギュラー出演していた番組、2020年3月28日放送「にじいろジーン」の最終回にベッキーさんが出演した際には、番組内で夫婦仲について言及される場面が見られます。

「嫌なことをため込みすぎないようにその日のうちに話そうみたいなかんじ。」

とお互いに悩みや不満を吐き出しながらコミュニケーションをとっていると明かしたベッキーさん。

やっとつかんだ幸せな生活を壊さないように工夫していることが分かります。

ベッキーの結婚の決め手がホラーサスペンスと話題に

2019年4月10日に放送された「東野・岡村の旅猿~プライベートでごめんなさい~」に出演した際には片岡治大さんとの結婚に至るまでの馴れ初めを語ったベッキーさんでしたが、ネット上ではその内容がホラーだと話題になりました。

番組内でナインティナイン・岡村隆史さんが結婚の決め手は何だったのかを質問すると、

「片岡治大さんの写真を見て、会う前から思っちゃった」

と答えたベッキーさん。

ベッキーさんは片岡治大さんのプロ野球現役時代をほとんど知らないそうですが、伊勢神宮にお参りした2週間後にたまたま写真を見たときに「おじいちゃんになった片岡治大さんと一緒に居る姿が思い浮かんだ」という話でした。

ネット上ではこのエピソードに違和感を感じる人も多かったようで

「会う前に結婚を決めたって、”こいつなら簡単にオトせる”って思ったってこと?」
「片岡の金に目がくらんだのか」
「ベッキーちょっと怖い」

とはいえ結婚生活は順調な様子で、ベッキーさんは2020年3月16日には第一子を出産しています。

ベッキーの現在|ママタレントに路線変更!?

出産を境にベッキーさんがママタレントとして活動をするのではないかと噂された時期もありました。

ベッキーさんは出産を報告したものの、子供の性別や誕生日を明かしていません。

子供は芸能界に関わることなくのびのびと成長してほしいというベッキーさんの思いが感じ取れますね。

一般的なママタレントや出産を発表した芸能人と比べても、ベッキーさんのSNSでの子供に関する発信は少ないように思えます。

ママタレントとしての復帰は考えていないのではないでしょうか。

ネット上ではベッキーさんがどう考えているかよりも、世間がママタレントとしての活動を許さないといった論調の記事も多数見かけます。

確かにママタレントは同世代のママさん視聴者からの支持が必須です。

清廉潔白なイメージを新たに作り出すことがどれだけ難しいことか、それはベッキーさん本人が一番よく知っていることなのかもしれません。

まとめ

ベッキーさんの起こした騒動ではファンに対する対応が悪かったことから、現在でもイメージを修復できていない様子がうかがえます。

しかしベッキーさんは一時はバラエティ女王とも言われた実力の持ち主です。

再びテレビに出始めて何度も視聴者の目に留まるようになればその印象も消えていくのではないでしょうか。

いつの日かベッキーさんが国民的な女優の一人として数えられる日がくるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です